中型自動運転バスによる実証評価

 産業技術総合研究所知能システム研究部門(以下、産総研という)では、2019年度「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究開発・実証事業」の一環として、「専用空間における自動走行等を活用した端末交通システムの社会実装に向けた実証」(以下、本事業という)を経済産業省より受託しています。本事業は、自動走行技術を活用した高齢者等における移動手段の確保の実現を図ることを目標とし、特に公共的な利用を目指した端末交通システムを提案するものです。

 本公募において、2020~2030年頃の実現が期待される、自動走行技術を活用した端末交通システムの1つとして、中型自動運転バスによる実証評価を実施し、社会実装に必要な技術や事業環境等を整備することを目的とし、先導的な実証事業者・地域を募集します。

 本事業における実証事業者・地域は、実証コーディネーターである日本工営株式会社(以下、日本工営という。「中型自動運転バスによる実証評価準備に関する支援業務」を産総研から受託)の支援のもと、中型自動運転バスの実証評価(以下、実証評価という)を実施します。

実施スキーム